99Gym利用規約

第 1 条(定義)​

伊東市総合葬祭株式会社(以下、「当社」という)が運営する24 時間フィットネスジム 99Gym(クックジム)(以下、「当ジ
ム」という)に適用されるものとします。

第 2 条(目的)

当ジムの会員が、当ジムの施設を利用することによって、心身の健康の維持・増進を図ることを目的とします。

第 3 条(会員制度)

1.当ジムの利用はイフクラブ会員のみとします。当社の「イフクラブ」への入会が必要です。
2.当ジムに入会を希望される方は、本規約に基づく入会契約を当社と締結することにより入会が認められます。本規約及び入会契約は、会員として在籍する期間(及び退会後も本規約・入会契約が定める範囲)において有効とします。
3.会員は入会する際に当ジムの定められた会員種別を選択し、その種別所定の利用範囲に応じて当ジムを利用することができます。なお、自らの種別以外の内容で当ジムを利用する場合は別途料金を支払うものとします
4.当ジムは会員の種別及びその内容を変更または廃止することがあります。

第 4 条(顔認証セキュリティシステム)

1.当ジムは入退館管理を、顔認証システムで行います。入会時に、顔写真を撮影しシステムに登録します。登録データは、交付された会員本人のみが使用し、会員情報照会及びチェックイン等に利用します。
2.入退館時に一人ずつ顔認証を行います。万一、認証せずに入館した場合、除名の対象となります。入退館時の様子は、防犯カメラに一定期間録画保存されます。

第 5 条(入会資格)

次の各号のいずれかに該当する者は当ジムの会員になることは出来ません。
(1)本規約、および当ジムの諸規約を遵守できない者
(2)本申込を行う者が、申込書に記載された本人と同一人物であることを確認できない者
(3)顔認証システムへの登録に同意できない者
(4)タトゥー(その他刺青、ペインティング等も含む)のある者で、当ジム内においてタトゥーの露出を行わないことに同意できない者
(5)暴力団関係者、または反社会的勢力関係者と当社が判断した者(その他刺青、ペインティング等も含む)
(6)医師等により運動が禁じられている者

(7)伝染病・その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有している者
(8)16 歳未満の者。また、未成年者の場合、入会に際し保護者の同意が必要です。
(9)その他、当社もしくは当ジムが会員としてふさわしくないと判断した者

第 6 条(入会手続き)

1.入会を希望する者は当ジム所定の申込方法により入会手続きを行い、当ジムの入会審査を得た上で、定める会費、入会諸費用をお支払いいただきます。
2.未成年者が当ジムに入会する際は、その未成年者の入会に同意した保護者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うこととします。

第 7 条(会費、入会金・諸会費)

1.会費は、当ジムが定める金額を、当ジムの所定の方法で支払うものとし、既納の事務手数料、入会金、オプション料等は、原則として理由の如何を問わずこれを返還しません。
2.会員は、実際の施設利用の有無を問わず、本会員契約に定める会費等を支払う義務があり、退会月までは会費等を支払わなければなりません。
3.当ジムは、別に定める会費、手数料および諸会費の改定を行うことができます。改定を行う場合、当ジムは 2 か月前までに会員に告知するものとします。

第 8 条(会員種別の変更手続き)

会員が会員種別の変更を希望する場合は、前月 10 日までに、会員本人が当ジム指定の変更届を提出することにより、翌月 1日から会員種類を変更することができます。各月の 11 日以降に休会手続きがとられた場合は翌々月からの変更になります。(電話、電子メール、FAX 等による手続きは行えません。)

第 9 条(休会)

1.会員は、疾病、その他やむを得ない事由で当ジムを 1 ヶ月以上利用できないと当社が認めた場合、所定の休会届にて手続きを行った上で、月単位で当ジムを休会することができます。
2.休会手続きは、当ジムの受付時間に来店し所定の手続きを行うものとします。(電話、電子メール、FAX 等による手続きは行えません。)
3.休会手続きは、休会を開始する月の前月 10 日までに行うものとし、その場合、休会開始希望月の 1 日より休会扱いとします。各月の 11 日以降に休会手続きがとられた場合は、翌々月の 1 日より休会扱いとなります。
4.休会する会員は、別に定める休会費を支払うものとします。

5.休会していた会員は、休会届記載の終了日経過後、自動的に月単位で当ジムに復帰扱いになります。その場合は、復帰月から通常の会費等を支払うものとします。

第 10 条(退会)

1.会員が自己の都合により当ジムを退会する場合は、所定の退会届にて手続きを行った上で、月末をもって退会することができます。
2.退会手続きは、会員自ら当ジムの受付時間に来店し所定の手続きを行うものとします。(電話、電子メール、FAX 等による手続きは行えません。)
3.退会手続きは、退会を希望する月の 10 日までに行うものとし、その場合、当該月の末日をもって退会となります。各月の11 日以降に退会手続きがとられた場合は、翌月の末日をもって退会扱いとなります。
4.会費等の全部または一部が未納の場合は、退会月までに完納しなくてはなりません。
5.会費等は、退会が月の途中であっても、当該月分を全額支払わなければなりません。
6.会員が自己の都合により会費等の全額または一部を 2 か月間滞納した場合、退会扱いとします。また滞納分については全額現金または、当社が指定した方法で支払わなくてはなりません。

第 11 条(会員資格の喪失)

会員は次の場合には、自動的にその会員資格を喪失します。会員が資格を喪失した場合には、当ジムから貸与されている物品がある場合には速やかに返還しなければなりません。
1.退会
2.除名
3.死亡
4.当ジムを閉鎖したとき

第 12 条(資格停止及び除名)

当ジムは、会員が次の各号に該当するときは、当該会員資格を一時停止し、または当該会員を当ジムから除名することができます。
(1)本規約および当ジム諸規則を遵守しないとき
(2)当ジムにおいて、第 5 条に定める入会資格を欠いていると判断したとき、または入会に際し虚偽の申告をし、あるいは入会資格に関わる重要な事実を故意に申告しなかったとき
(3)その他、当ジムにおいて、会員としてふさわしくない言動や行為があったと認められたとき
②会員資格停止中の会員または当ジムから除名された会員は当ジムの施設を使用することができません。なお、会員は会員資
格停止中も会費を支払わなければならないものとします。
③第 1 項による会員資格停止中の会員または当ジムから除名された会員に対して、当ジムは資格停止期間中または除名後の会費等について、前納分または既払分の会費等があっても返還は行いません。

第 13 条(変更事項の届出)

1.会員は、入会時の登録内容から変更があった場合は速やかに変更手続きを行う必要があります。
2.当ジムから会員に通知する場合は、会員から届出されている連絡先に宛てた通知の発送をもって通知したものとみなします。なお、会員が前項の届出を怠るなどの結果、通知が延着又は届かなかった場合でも、通常到達すべき時に当ジムから通知が会員に到達したものとします。

第 14 条(個人情報保護)

1.当ジムは、当ジムの保有する会員の個人情報を当ジムが別途定めるプライバシーポリシーにしたがって管理します。
2.会員は自己が当ジムに提供した個人情報が正確であることを保証します。当ジムはその情報が不正確であることによって会員または第三者に生じる損害について一切責任を負いません。

第 15 条(会員資格の相続・譲渡)

当ジムの会員資格は、本人限りとし、第三者への譲渡、売買、貸与、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為もしくは相続その他の包括継承はできません。

第 16 条(諸規則の遵守)

会員は当ジムの利用にあたり、本規約および当ジムの諸規則を遵守しなければなりません。
①施設利用時の服装は、下記に定める運動に不適切な服装、装飾品の着用は禁止します。
(1)ジーンズ、またはジーンズタイプのステッチあるいはリベット(びょう)がついている衣服、履物または服飾品
(2)サンダル、草履、長靴、またはヒールが高い、滑りやすい履物、裸足
(3)スパイクシューズ等施設、または器具を傷つける可能性のある履物
(4)その他、当ジムがトレーニングにふさわしくないと判断した服装、履物、服飾品または装飾品
②当ジムにおいて、以下の行為は禁止します。
(1)いかなる営利活動、宗教に関連すると評価される勧誘、広告等の活動
(2)他の会員に対し、当社の了承なくパーソナルトレーニングを行う、またはそのように評価される活動
(3)館内での飲酒や喫煙、法律で禁止されている薬物等を使用すること
(4)本規約に基づき当ジムの利用を認められていない同伴者を施設内へ入場させること
(5)施設、器具、什器等を故意または過失により破損することや、持ち出すこと
(6)大声、または奇声を発すること

(7)他の会員、当ジムのスタッフに対して暴力的な行為・言動、性的な行為・言動、誹謗中傷、嫌がらせ、その他の迷惑行為と受け取られる行為・言動を行うこと
(8)その他、当ジムの秩序を乱し、その名誉、信用または品位を傷つけること
(9)タトゥー(その他刺青、ペインティング等も含む)を露出させること
(10)無許可での写真・ビデオ撮影・録音や、指定場所以外での携帯電話を使用すること
(11)痴漢、のぞき、露出等、法令または公序良俗に反すること
(12)刃物などの危険物やペットなどを館内へ持ち込むこと
(13)高額な金銭、物の館内へ持ち込むこと
(14)未成年者の午後 10 時から午前 5 時までの施設の利用
(15)その他、当ジムが会員としてふさわしくないと認める行為

第 17 条(入館の禁止および退場)

1.当ジムは、以下のいずれかに該当する方の入館の禁止、または退場を命じることができます。
(1)本規約、および当ジム諸規則を遵守しない者
(2)入会に際し虚偽の申告をし、あるいは入会資格に関わる重要な事実を故意に申告しなかった者、または当ジムが第 5 条の入会資格を欠いていると判断した者
(3)飲酒などにより正常な施設利用ができないと判断した者
(4)著しく不潔な身体、または服装により、他の会員等の第三者が不快に感じると判断した者
(5)自己の都合により会費等の全部、または一部を滞納し、または会費などの一部を支払わない者
(6)当社、もしくは当ジムが入館の禁止、または退場を命じることが適切であると判断した者
2.当ジムへ入館禁止中の会員は、禁止中も会費等を支払わなければならないものとします。

第 18 条(損害賠償責任免責)

1.当ジム内で発生した紛失、盗難、傷害その他の事故については、当社、および当ジムは、一切の責任を負いません。
2.会員は、自己の責に帰すべき原因により、当ジムの施設、または第三者に損害を与えた場合は、速やかにその賠償責任を果たさなければなりません。

第 19 条(会員の損害賠償責任)

会員が当ジムの利用中、会員の責に帰すべき事由により当ジムまたは第三者に損害を与えた場合、その会員が当該損害に関する責任を負うものとします。

第 20 条(当ジムの利用制限と休業)

当ジムは次の各号のいずれかに該当する場合には、当ジムを全部、または一部休業もしくは閉鎖することがあります。そのような場合でも、当ジムが別に定める場合を除き、会費等の縮減や停止はされません。
(1)施設の点検や修繕、改装によりやむを得ないとき
(2)気象・災害警報等その他外因的事由により、その災害が会員に及ぶと当社が判断したとき
(3)法令の制定、改廃、社会情勢の著しい変化、その他経営上やむを得ざる事由が発生したとき
予定されている休業の場合は、2 週間前までにその旨を店頭およびホームページ上にて告示します。ただし、気象・災害等の緊急を要する場合はこの限りではありません。

第 21 条(営業時間)

当ジムの営業日、営業時間および受付時間については、別に定めます。ただし、気象災害等の理由により、事前告知なく変更する場合があります。

第 22 条(本規約の改定)

1.当ジムは規約および諸規則を必要に応じて改定することができます。
2.改定された規約および諸規則は、施設内に掲示、また、ホームページ上にて会員に告知するものとします。告知されたときから効力を生じ、以後、全会員に適用されるものとします。本規約に定めていない事項及び業務遂行上必要な細則は、当ジムが定めるものとします。

附則
本規約は 2021 年 12 月 1 日より発効します。
2021 年 12 月 22 日一部改定
以上

伊東市総合葬祭株式会社
99Gym